とみくりコラム

始められることから。

こんにちは!とみおかクリーニング小石川です。今日は快晴の札幌です。すっかり12月。多少の降雪には覚悟ができてきた今日この頃。風邪ひいていませんか?わたしはぎりぎりのところを保っているような感じです。忘年会の予定も埋まりはじめ、じわじわ師走感が迫ってきておりますが、とりこぼしのないようしっかり準備をすすめていきます。と思っています。実際どうなるかは終わってみないとどうも。。。やります。

 

現在、お取り扱いさせていただいている「きえーる」シリーズ。大変ご好評でリピーターさまも多く、またシリーズのラインナップも増えてきました。新発売になった「どうぶつ用」も好評です。こちらのどうぶつ用につきましても「詰め替えパック」の販売もございますが、初の試みでとみおかクリーニング・札幌本店にて「量り売り」をはじめました。100ml200円(税別)で販売しておりますので店頭にてお申しつけください。容器の準備はございませんので、空の容器をお持ちください。こういったことが増えてくると自然とゴミを減らすことにもつながり、あまりむずかしく考えない気軽なエコ活動ができてくるかな。と考えています。ひきつづきよろしくおねがいいたします。

冬支度。

こんにちは!とみおかクリーニング小石川です。さっき紅葉の話をしていたら今日は雪の話です。札幌市内では昨晩から雪がしっかり降り始めて今朝は雪が積もっていました。いよいよだな、といったところです。寒さに合わせてストーブの設定温度を上げたり、部屋着を強化し、出勤時にはインナーダウンが出動しました。なかなかコントロールがきかないのが、朝布団からでる勇気。体育会系の我が家では寝るときストーブを消し、目覚めのタイミングでストーブをつけるので、朝の室内は冷え切っております。それゆえ、むずかしい問題だっ!(タイマーを使いたまえ君。。)

 

街ではクリスマスディスプレイが鮮やかです。おもわず手に取ってしまうかわいい小物。いくつも持っているのにブランケットや靴下を買い足してしまいます。12月に向けてギフト選びも楽しいですね。とみおかクリーニング直営店では限定と定番のあったか雑貨も揃えておりますので、お世話になった方や、ご友人、ご家族への贈り物選びにぜひご参考くださいませ。あたたくしてお越しくださいね。お待ちしております。

 

 

 

秋色の休日。

こんにちは。とみおかクリーニング小石川です。秋ですね、、いや冬ですね。昨日はしっかりと降雪を確認いたしました。まだ秋を受け入れていないうちにすっかり寒くなりまして、ストーブも全開です。文化の日に、秋らしいことでもと思って芸術鑑賞へ。寒いけれど青い空。まだ緑の芝生に落ち葉がきれいでした。この季節だけの芸術。すばらしいですなぁ。寒いので早めのランチで石焼カレーを食べました。完璧な休日をありがとうございます。

 

そしてこの季節からはセーターなどおしゃれ着洗い用の洗剤が重宝されます。とみおかクリーニング直営店でも各メーカーさんのものを取り扱っておりますので是非お試しください。またこの秋、とみおかクリーニングオリジナル「おしゃれ着用洗剤」も発売になりましたので併せてご検討ください。お待ちしております。

 

 

・とみおかクリーニング「おしゃれ着用洗剤」 500ml 2,800円税別

 

とみおかクリーニング中標津本店

こんばんは。昨晩、自宅で流行っている干し芋のあぶり焼き。最後の2個を魚焼きグリルへ投入後すっかりTVに集中してしまい、気が付いたときは干し芋はまるで炭のように焦げ上がっていました。無念の中、コーヒーだけをすすったわたしです。先週また中標津へ出張に行ってまいりました。前回本店のプチリニューアル後の微調整へ。前回とは違って寒いながらも快晴の中標津。素晴らしい青空が広がっていました。

 

 

とみおかクリーニング中標津本部事務所。工場の壁にはロゴマークが描かれています。青空に映えています。工場前店は、工場と直結している店舗。こちらにもオリジナルの洗剤の販売をしています。こちらのガラス面にもロゴマークがばっちり。住宅街にある工場です。

 

 

次はいつになるかな。雪が降るとなかなか厳しい路程の札幌・中標津間。また秋か冬にお会いします。中標津本店雑貨店、お近くにお越しの際はぜひお越しください。お待ちしております。

 

 

どんな洗濯を選択していますか。

こんにちは!とみおかクリーニング小石川です。ほんとうにつきつめて考えるとすごくむずかしく感じてしまう環境問題。最近はよく「継続可能な環境活動」なんて言葉を聞くようになりました。最終の目標や理想のことを考えると、なにからはじめていいのか、個人として、会社員として何をしたらいいのか。なんて、じっくり考えていないのが正直なところです。結局、できるところからでいいのかな、と細々エコになるような行動を心がけております。少し意識してみて、おっとすこし難しいな、と感じるのはコンビニでの「袋いらないです」とか「おてふき要りません」とかがすぐに言い出せず、思わずフルセットでお買い物してしまいます。スーパーではレジ袋の有料化が進んでいるので、要るいらないの会話にもならないのですが。ドラッグストアでは袋要りません、でエコポイントが付いたりしますので、特にすすんでやります。こういうことをやりながらも、自宅では毎週「プラごみ」がある程度の量になり、1週見逃すと翌週ものすごい量になっていたりして、こんなに依存しているのか。。とがっかりしたりします。洗剤でいうと、生分解性の高いものを必要な分だけ使うことを心がければ、ゆくゆくは水を汚さない、というエコ活動につながるのかな、と思いながら、わずかですが自分なりに続けてみようと思っています。とみおかクリーニングの洗濯洗剤も、界面活性剤をほとんど含まず生分解性も高く、すすぎも1回でいいのでお洗濯に使用する水も節約できます。自分も愛用者なので、洗いあがりの具合も自信をもっておすすめしています。お洗濯も少しエコ活動にあたっていると思えば気分も変わります。販売する側に立ってみて、「継続可能」というのなら、価格のこともシビアに考えないといけないな、とも思います。あまりにも高額な日用品であれば、たとえ素晴らしい成分でもなかなか手に取れないだろうなと。自分がそうです。まだまだたくさんの日用品をまずは価格で選んでいます。とみおかクリーニングとしてもじっくり環境に対してなにからできるのか、できることはなんなのか、を考えていきたいと思います。そんなことを考えながら先日、出張先の旅館で風呂上りに牛乳を飲んで、空き瓶をケースに戻しながら、「エコだわぁ」とひとりにやついていたわたしでした。